セブ島留学ブログ

現在、セブ島にて留学中の僕からのリアルな生活、情報をお届けします。

セブ島留学2ヶ月の明細書、費用を徹底リサーチ

f:id:kaigairyugaku:20170507015918p:plain

こんにちは。

 

今回は留学費用について本当の所の費用を徹底リサーチしました。

 

学校料金、航空券代、現地費用を全て計算しました。

 

現地での留学エージェント会社で働き、実際にセブ留学を経験したことのある僕がプライベートでかかったお金も合わせて、細かい費用までお伝えできればと思います。

 

今回は、格安留学として有名なセブ島留学の実際に掛かった費用をご紹介します。

 

大きく分けて、留学に必要な費用は大きく分けて3つあります。

 

1、授業料、寮、生活費用(保険代)

2、航空券代

3、ビザ代、諸費用、お小遣い代

 

 今回は留学生に人気の2ヶ月プランで組みます。

 

1、授業料、寮、生活費用(保険代)

初心者向け低価格の学校2ヶ月

2人部屋 330,000円

4人部屋 230,000円

TOEICTOEFL等の試験対策学校2ヶ月

1人部屋 404,000円

2人部屋 376,000円

4人部屋 336,000円

一般コースでリゾート雰囲気の学校2ヶ月

1人部屋 319,600円

2人部屋 299,600円

4人部屋 259,600円

 

学校によって料金設定がかなり前後しますが、部屋の人数割で費用を格段に抑えることが可能です。

セブ島留学をされる方は英語初級者の方が全体の40%を占めるので、1つ目の学校の料金を参考ししていただければと思います。

 

食費やランドリー代はコミコミになっている学校が多いですが、40%の学校は週末はご飯が出なかったりします。

 

保険代は別途で加入する場合は2ヶ月で15,000円ほどが相場です。

クレジットカード付帯の海外保険ですと、無料です。

セブ島はまだまだ発展途上の国なので、万が一の為保険は加入した方がいいです。

 

kaigaistudent.hatenablog.com

 

2、航空券代

今回は東京からの料金で計算します。

渡航日の2ヶ月前にチケット購入二した場合。

 

東京↔︎セブ島 往復チケット

格安航空会社(LCC

43,000円

フィリピン航空

65,240円

JAL日本航空

67,600円

 

ちなみにお得にチケットを買うにはこちらの記事を

kaigaistudent.hatenablog.com

 

3、ビザ代、諸費用、お小遣い代

 

これらの費用は現地で払うお金です。

なので、見積書に記載せれていないケースが多いようです。

ビザ代

ビザ代は2ヶ月の場合

ビザ延長料金 3,030ペソ(約7,000円)(月初は無料)

SSP(学生留学許可書) 5,500ペソ(約13,000円)

 

それ以上延長される場合は、

延長料金 3,030ペソ(7000円)

ACR-I-CARD3,500ペソ(8,000円)外国人登録書)

 

 諸費用

教科書代 約2,500ペソ(約5,800円)

電気、水道代 約2,000ペソ(約4,600円)

管理費用 約500ペソ(約1,200円)

 

こちらも学校によって前後しますが、だいたいこの値段に近いです。

 

お小遣い代

交際費 40,000円(2、3個のアクティビティ参加)

お土産代 5,000円

 

もし、毎日外食されたり、夜遊びをされる場合はもう少し交際費は必要です。

もちろん、こちらの金額は節約をすれば0円に近づけることもできます。

 

まとめ

上記の費用を全て計算しますと、

最低で36,4600円

贅沢で47,3800円

という明細結果になりました。

 

2、3の料金はそこまで大きな差は出ないので、学校選び、お部屋タイプで大きく料金は変動します。

簡単にゆうと学校料金+128,600円(航空券代+ビザ、諸費用)

で計算するとおおよその金額は計算できるかと思います。

 

あくまで参考とはなりますが、格安激安と言われるセブ島留学の実際にかかる料金を把握しましょう。